心理教育

「自分らしい生活を送ってもらいたい」思いで、
心理教育のプログラムを行っています。

心理教育プログラム ippo PSYCHO EDUCATION

心理教育プログラム ippo とは

皆さんに正しい知識や情報を心理面への十分な配慮をしながら伝え、病気のことを自身で理解していただき、病気に向き合いながら、「自分らしい生活を送ってもらいたい」思いで、心理教育のプログラムを行っています。
院外の心理教育研修プログラムを受講した作業療法士・看護師・精神保健福祉士の多職種でお手伝いをしていきます。
みなさんと一緒に一歩・一歩歩んでいければ・・・
という思いを込めて・・・プログラムの名前を『一歩』としました。

心理教育とは

「精神障害やエイズなど受容しにくい問題を持つ人たちに、正しい知識や情報を心理面への十分な配慮をしながら伝え、病気や障害の結果もたらされる諸問題 ・諸困難に対する対処法を習得してもらう事によって、主体的に療養生活を営めるように援助する方法」と定義されています。
当事者の方々に症状や原因、薬物治療、当初方法、社会資源などの知識を提供することで、病気に対する理解を深め、主体的に治療に前向きに取り組んでいくための援助を行っていきます。

和ホスピタルが
みなさんと一緒に歩む“一歩”

  • 病気や治療を知るための“一歩”
    皆さまご自身が病気を正しく理解することは症状の安定や回復に役立つことがわかっています。
    病気について、よくわからなかったり、何となくわかっていてもまだ知りたいことがあったりすることと思います。
    和ホスピタルの心理教育プログラムでは、一人で学ぶのではなく、同じ悩みを抱える仲間や専門家とともに、病気の仕組みや経過、薬の作用・副作用、地域資源など回復に役立つ様々な情報を共有し合う場でもあります。
  • 家族のための“一歩”
    病気を正しく理解するのは本人だけではなく家族の方にも必要なことだと考えています。
    特に精神的な病気は目に見えることがなく、理解や認識が非常に難しい問題です。ご家族の方に正しい知識と理解を持っていただくことで本人と症状に対しての接し方を身につけ、治療への一歩へと繋げていきます。
    また、「家族の方が抱きやすい偏見」、「家族の方も感じる孤立感・将来への不安感」についてのケアや予防にもなります。
  • 仲間を知るための“一歩”
    病気に対する不安やお薬に対する不安など、誰にも相談できず、一人で悩んでいる方が多いようです。 和ホスピタルの心理教育プログラムでは同じような体験をした方々が集まり、他では言えない不安や悩みを語り、分かち合ったり、対処の方法を学ぶ事も目的としています。
    これまで、一人で抱え込んできた思いを話してみませんか?
  • 症状や不安と向き合うための“一歩”
    和ホスピタルの心理教育プログラムは、ただ病気や治療のことを勉強するだけの場ではありません。
    症状がわき起ってきたときや不安になったときに対処する方法を学ぶことも目的に行うものです。
    皆さまが望んでいる将来の現実にきっと役立つものになると思います。
  • 自分らしい生活を送ってもらうための“一歩”
    和ホスピタルの心理教育プログラムは、全てこの理念の基に実施されています。
    心の病気となり不安定となってしまった自分自身を、自分のペースで正しい知識と理解を身に付け、
    「自分らしさ」を再確認し日々の生活を送って頂けるよう援助させていだきます。
    当院では、心理教育研修プログラムを受講した作業療法士・看護師・精神保健福祉士など多職種でお手伝いをしており、
    職員たちは皆、専門的な知識を持っているからと言って決して上から目線などではなく、共に一歩ずつ歩んでいく仲間として接していくことを心がけていますのでご安心下さい。

主な相談内容

精神的・心理的などんなお悩みでもご相談をお待ちしております。
その中でも多く相談される内容を下記にご紹介させていただきます。

  • 病気や治療について知りたい
  • お薬について聞きたい
  • ストレス対処について聞きたい
  • 今後の生活について聞きたい
  • 再発時の対応について聞きたい

相談は本人様だけではなく、ご家族の方もご一緒に来ていただくことはもちろん
ご家族の方だけで来ていただくことも可能です。

よくある質問

和ホスピタルの心理教育について寄せられたご質問について、
お答えさせていただきます。

  • 料金についてはどうなっていますか?
    料金は、各種健康保険・生活保護法が適応されます。
    高額医療費の制度を利用され、自己負担限度額に達している場合は回数に関係なく自己負担限度額以上をお支払いいただくことはありません。詳細に関しましては医事課までお問い合わせ下さい。
  • 心理教育はどのようなことをするんですか?
    1人で学ぶのではなく、同じ悩みを抱える仲間や専門家とともに、病気の仕組みや経過、薬の作用・副作用、地域資源等回復に役立つ様々な情報を共有し合う場です。
  • どんな環境で行われますか?
    作業療法室で行います。静かな環境の中行います。
  • どのくらいの時間・期間で行われますか?
    午前9時30分~11時(1時間半~2時間程)、全5~6回のメンバー制です。
  • 話したくないことはどうすればいいですか?
    話したくない事は話さなくて大丈夫です。話さないのも自由です。
    心理教育の場で話した事は、その場限りで話した事が外へ漏れる事はありません。ご安心下さい。
  • 年齢制限などはありますか?
    年齢制限はありません。
  • 通院していないと受けれないのですか?
    参加は、入院されている方、外来通院をされている方となります。
  • 参加申し込みについてはどのようにすればいいですか?
    参加をご希望される場合は、主治医又は病棟スタッフへお伝え下さい。
ホームページTOPへ戻る|愛媛県松山市柳原|和(なごみ)ホスピタル|精神科・心療内科の病院

アクセス

〒799-2434 愛媛県松山市柳原739

[お問い合わせ]
Tel:089-992-0700 FAX:089-993-3857

外来診療時間

午前9時から12時(受付は午前8時30分から11時30分まで)

休診日

日曜日、祝祭日、第2・第4土曜日
お盆(8月15日)、年末年始(12月29日から1月3日)

交通手段など

和ホスピタルには専用の駐車場がございますので、
お車でお越しの方は無料でご利用いただけます。

公共交通機関、電車・バスをご利用の方は下記を参考下さい。

・伊予鉄道(株) ホームページ

・JR四国旅客鉄道株式会社 駅・鉄道情報ページ

JR松山駅|JR今治駅|JR柳原駅|和ホスピタル|伊予鉄バス|松山市駅|JR柳原駅|和ホスピタル|徒歩|バス|電車|北条線